ゲルマニウムの選び方

  1. スポンサーサイト(--/--)
  2. ゲルマニウムの解説&感想(01/04)


スポンサーサイト

--.--.--(--:--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | [EDIT]

ゲルマニウムの解説&感想

2020.01.04(00:00)
■ゲルマニウムの発見■

ゲルマニウムとは、1885年ドイツの化学者ウインクラーが、銀の鉱石「アルジロダイト」から発見した半導体元素(元素記号「Ge」)です。

トランジスターやダイオードの製造など工業用物質の一つとして広く用いられてきました。

近年、32度以上の温度に接すると、ゲルマニウム原子核の一番外側の電子の一つがイオン化して皮膚組織の下に浸透し、毛細血管に到達したゲルマニウムのマイナス電子が浸透して、血液中に電子の移動が行われる。」という性質がわかりました。

このような特性が健康増進に繋がることがわかり、医学的にも注目を集め、現在のような健康促進素材として広く知られるようになりました。


■ゲルマニウムの特徴■

ゲルマニウムを体に付けると、ゲルマニウム電子が人体の生体電流に接触し、こりや痛みなどの原因となる神経細胞の電位バランスの乱れを正常に戻し、神経細胞を活性化します。

また、体温に反応し血液中で電子の移動を行うゲルマニウム電子は、血液中のpHを正常に保つ働きをします。

その結果、コレステロールなど、血液中の老廃物の排出を助け、血液を浄化し血行を促進。

こりや痛みなどの不快症状を取り除くとともに免疫力と自然治癒力をアップし、抗加齢予防にもつながるのです。

またゲルマニウムは、金属と違い酸化することがないので、敏感肌の方、お子さまやお年寄りの方にも安心してお使いいただけます。


■ゲルマニウムの選び方■

ゲルマニウムはマスコミで取り上げられたこともあり、一大ムーブメントを巻き起こしました。

それゆえ、今ではさまざまなゲルマニウム関連商品を目にします。

しかし実際は、氾濫する商品の品質には、かなりの差があるようです。

そこで、以下に「ゲルマニウム商品を見分けるポイント」をご紹介いたします。

ご参考になれば幸いです。


■純度

例えば精製純度が99.9%のものと、99.99%のものとでは、効果に大きなちがいが生じます。

わずかな不純物でもその弊害は大きく、ゲルマニウムの原子活動を阻害するため、体内への電子放出率が大きく異なるので、精製純度は最も重要ポイントです。

小さな電子運動では、人体の生体電子運動に影響を及ぼすことはできません。人体使用の場合、せめて99.99%の純度が必要といわれています。

ちなみに限界純度とされるのは、99.9999%で最も原子活動を純粋・活発に行う、最高純度ゲルマニウムです。

ひとくちにゲルマニウムといっても多種多様で、温浴用に使用する岩盤含有レベルのものから、高機能精密機械に使用される高純度精製ゲルマニウムまで幅広く、高純度にまで引き上げる精製工程は複雑で、その分高価になります。


■デザイン・構造■

ゲルマニウムは、熱に最も反応する半導体です。

32℃以上の、体温やお湯のような温度変化の少ない安定した触媒環境に適しています。

常時の皮膚接地が見込めないデザインのものなどは、原子活動が不安定になり、生体電子調整することはできません。

その点を理解して製品構造などをよくチェックすることが重要です。


■ゲルマニウムの種類■

無機ゲルマニウムには、非鉄金属ゲルマニウムや二酸化ゲルマニウム(粉状)、四塩化ゲルマニウム(液状)まで幅広くあり、繊維やシリコンに混入製造されているのは、粉状ゲルマニウムです。

原子形状はどの種類も同じですが、触媒反応においては大きなちがいがあり、繊維やシリコンなど本体の熱伝導率が低いうえ、粉状ゲルマニウムは融合でなく混入製造が主になるため、大量使用で、圧縮使用でなければ本来の機能を発揮できないと思われます。


■合金率■

一般的に金・プラチナにおいては1%前後、シルバーにおいては3%前後が限界含有率で、それ以上では生地面が粗くなり、ジュエリーとして難しくなります。

ゲルマニウムを大量に含有すると、ゲルマニウムはイオン化しやすいため硬度が低く、軽い衝撃で欠けたり、損傷しますので、高純度ゲルマニウムだけでのジュエリー加工することは不向きです。
 
そのため、融点が最も近いシルバーと融合させる手法が最大含有できる手法とされています。

また、チタンも効果的です。表面コーティングより効果はあるようです。

チタンは軽くて、身体にも良いものですし、シルバーはアクセサリーとしておしゃれになります。

販売店、メーカーなどに含有率を問い合わせ、しっかりと答え、証明できるお店より購入することをおすすめします。


■ハッピーショップ店長の個人的見解です■

やっぱり、純度!

99,999以上のものを使いたいですね。99,9999なら最高です。

私は今、このショップで取り扱っているものを使用しています。

でも最初は、価格の手ごろなものを購入しました。

それでも効果はあったように思いますが、今99,9999%のものを使用してみて明らかに違いがわかります。

初心者の方なら、手ごろ価格の黒いカーボン(特殊伝導性カーボン)でゲルマニュウムパウダーが練りこまれているネックレスやブレスレットがオススメですね。

お値段の割には効果が期待できるようです。黒が1番伝導率が良いようです。

埋め込みタイプについては、粒の数と純度をチェックしましょう。

周りの金属はシルバーかチタンがいいようです。相乗効果が期待できます。

これも写真で、粒をつぶさにチェック!です。

そして、粒の大きさ、数を確認しましょう。

合金タイプは、やはりシルバーかチタンが効果的です。表面コーティングより効果はあるように私は感じます。

チタンは、その効果からたくさんのアスリート達からも大きな注目を集めていますので、その軽さも評価され、広く使われてきたようです。

ゲルマニウムのトレンドは、黒いカーボンに練りこんだゲルマニウムが多いです。

ゲルマニュウムの数が重視されることから来ているようです。

確かに広範囲で皮膚に密着しますので、効果を期待できます。

ただ、粒の大きさも気にかけてください。

価格も以前から比べるとびっくりするほどお手頃になりました。

安易に「安いものは良くない」とは言い切れません。

良く吟味して、良いものをよりお手頃価格でお買い求めください。



FC2ブログランキングに参加中!
ポチッと応援よろしくお願いします!



スポンサーサイト
| ホームへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。